Joel Felber

Joel Felberは、Leason Ellisの弁理士兼パートナーです。 特にコンピューティング・ハードウェアおよびソフトウェア技術における知的財産関連の実績があります。 Joelは、デジタルヘルス・エンゲージメントおよびリスクプラットフォーム、高性能分散型インテリジェンス・システム、画像システム、ソーシャルマーケティング・システム、共同メディア制作およびワイヤレスシステム、クラウドベースの医療情報を一次診療および特殊医療に提供するシステム、スポット市場の貨物データ管理、インタラクティブ通信プラットフォーム、暗号化およびセキュリティシステムなど、様々な技術分野のクライアントに助言を行っています。 Joelは、知的財産の調達に加え、ライセンスと購入契約、ソフトウェア開発およびコンサルティング契約に関する交渉と起草を担当しています。 また、侵害と妥当性の分析およびデュー・デリジェンスを実施しています。

Joelにとって、知的財産法に関わる職に就くことは、彼のキャリアにおいて自然な流れでした。 弁護士になる前は、イェール大学の図書館システムオフィスでプログラマー・アナリスト、ソフトウェア・エンジニアおよびプログラマーとして働いていました。 イェール・ニューヘイブン病院の救急外来、ウェストヘブン・コネチカット退役軍人医療センターのウイルス科、セント・ラファエル病院のケアマネジメント部門、およびニューヘブン・スポンサー病院プログラムのための極めて重要なアプリケーションの開発を担っていました。 Joelは、Geminga Medical社の役員も務めており、同社では人体の上肢障害を計算するソフトウェア・アプリケーションを開発し、市場に導入しました。 また、ハートウィック大学で文学士号を取得し、ウェスタン・ニューイングランド大学法学部で法務博士号を取得しました。

  • ウェスタン・ニューイングランド大学法学部、法務博士号、1991年
  • ハートウィック大学、文学士号、優等生名簿、学部優等生賞、1984年
  • コネチカット
  • 登録弁理士:米国特許商標局
  • Ostrolenk Faber LLP、アソシエイト、2000年-2012年
  • イェール大学、プログラマー・アナリスト、1998年-2000年
  • コネチカット知的財産法協会、会員
  • エンジニアリング法および倫理ワークショップ、「Intellectual Property Essentials for Engineers: Patents, Trademarks, Copyrights, and Trade Secrets(エンジニアのための知的財産の本質的要素:特許、商標、著作権、および企業秘密)」、2019年
  • マウントバーノン商工会議所、円卓会議、2017年