Michelle J. Levin

Leason Ellisの商標業務部グループのアソシエイトであるMichelle Levinは、国内および海外の商標訴追についての実績が豊富です。 大規模な国際企業から小規模な家族経営企業まで、幅広い業界にわたる国際商標ポートフォリオの管理経験もあります。 Michelleはファッションや化粧品、家電製品や電気通信、出版や日用品まで、様々な産業の企業の代理人を務めています。 商標カウンセリング、認可、国際出願、商標審判部や海外での論争問題を主に扱っています。 Michelleは、国内および国際的な知的財産ポートフォリオの管理と執行に関連して、商標の選択、認可、採用、使用、起訴、保守、管理、および執行の戦略を考案する際にクライアントと緊密に連携しています。

Michelleが知的財産法、特に商標法への関心を持ったのは、法科大学院でのインターンシップがきっかけでした。 Michelleは特に、社外でクライアントのブランドを目にすることを楽しみにしており、クライアントの事業の成功に、誇りを感じています。 また、Michelleは新規実践管理ソフトウェアの移行の支援や、ペーパーレスのオフィス手順を導入するなど、当事務所の業務改善も担当しています。 Michelleは、ミシガン大学(「Go Blue!」)で学士号を取得し、ブルックリン法科大学院で法務博士号を取得しました。

  • ブルックリン法科大学院、法務博士号、2007年
  • ミシガン大学、学士号、経済学、2004年
  • ニューヨーク
  • ニューヨーク州南部地区連邦地方裁判所
  • Cozen O’Connor、アソシエイト、2008年-2010年
  • 「Navigating USPTO (米国商標特許局をナビゲートする)」、Lexis Practice Advisor(レクシス実践アドバイザー)、2014年
  • 「Maintenance & Renewal(メンテナンスとリニューアル)」、Lexis Practice Advisor(レクシス実践アドバイザー)、2014年
  • 「Use Requirements in Mexican Trademark Law(メキシコ商標法における使用要件)」、World Intellectual Property Report of Bloomberg(ブルームバーグ世界知的所有権報告書)、2012年
  • 「A Guide to Online Intellectual Property Law Resources for Attorneys and Clients(弁護士とクライアントのためのオンライン知的財産法リソースガイド)」、ウェストチェスター郡弁護士会ニュースレター、2012年