Lauren B. Emerson

Lauren Emersonは、Leason Ellisにおける商標および著作権業務部グループのパートナーで、 クライアントの知的財産権の確立・執行を支援しています。 Laurenは、消費財、ファッション、決済技術、エネルギー、電気通信、医療機器、小売、ソフトウェア、自動車、食品および飲料など、様々な業界の有名企業やベンチャー企業に対してカウンセリングを行っています。 また、作家やアーティスト、さらに非営利団体に対してもサービスを提供しています。 Laurenには、グローバルな商標ポートフォリオの管理、複雑な権利契約の作成、中国での論点の多い起訴問題への取り組み、商標審判部でのクライアント代理など、豊富な経験があります。 連邦訴訟には、おもちゃのスプリンクラー、蓋付きカップ、恋愛小説、ダッシュボード取付型ナビゲーションシステムに関する訴訟も含まれます。

「World Trademark Review」および「Super Lawyers」は、Laurenの実績とクライアントサービスへの取り組みに対する情熱を評価しています。 社外では、国際商標協会(INTA)、米国知的所有権法協会(AIPLA)、ニューヨーク知的財産法協会(NYIPLA)などの産業界との関わりに積極的に取り組んでいます。 Laurenは現在、NYIPLAの商標法務委員会の共同委員長およびAIPLAの著作権法委員会副委員長を務めています。 また、産業界や法律関係のイベントで、Copyright 101(特許法第101条)から、デジタルミレニアム著作権法(DMCA)といった複雑な問題などについてスピーカーとして登壇し、多数の法定助言書を執筆しています。 Laurenは、フォーダム大学法学部で法務博士号を、ダートマス大学で文学士号を取得しました。 法科大学院に入る前は、Pokémon USA, Incでライセンス供与を担当していました。

  • フォーダム大学法学部、法務博士号、最優秀生、2007年
  • ダートマス大学、文学士号、優等生、2001年
  • ニューヨーク
  • ニュージャージー
  • ニューヨーク州南部地区連邦地方裁判所
  • ニュージャージー地区連邦地方裁判所
  • 合衆国最高裁判所
  • Baker Botts LLP、2007年-2017年
  • 国際商標協会、著作権委員会、会員
  • アメリカ知的財産法協会、著作権委員会のための専門的なプログラミングおよび教育、議長
  • 米国特許商標局委員会との商標関係、会員
  • ニューヨーク知的財産法協会、会員
  • 弁護士ディレクトリ、「New York Metro Super Lawyer(ニューヨークメトロ・スーパーロイヤー)」にて「ライジングスター(期待の星)」として認定、2014年-2017年
  • Her Justice 2014 Commitment to Justice Award for Outstanding Legal Team(2014年度、優秀な法務チームに対する司法賞)受賞者
  • 「Litigation Before the International Trade Commission: A Powerful Option for Brand Owners, When the Shoe Fits(国際貿易委員会における訴訟:靴が合う時のブランド所有者のための強力なオプション)」、Intellectual Property & Technology Law Journal(知的財産および技術法ジャーナル)、2015年
  • 「Fair Use and Crying Foul: The Dancing Baby Case Continues(公正使用と差し迫った反則:ダンシングベイビー事件は続く」」、Baker Botts Intellectual Property Report(ベイカーボッツ知的財産レポート)、2015年
  • 「The Pitfalls and Perils of Social Media in Litigation(訴訟におけるソーシャルメディアの落とし穴と危険性)」、Thomson Reuters/Aspatore’s Inside the Minds series: Understanding the Use of Social Media In Litigation(トムソン・ロイター/アスパトーレの「心の中」シリーズ:訴訟におけるソーシャルメディアの使用を理解する)、2014年
  • 「Do Good Deeds, Go Unpunished: Legal Pitfalls and Practice Tips for Cause Marketing(善行を行って、罰を避ける:慈善活動関連マーケティングの法的な落とし穴と実践のヒント)」、Mondaq、2014年
  • 「Spotting Trouble in Your Advertising: Why Your Lawyers Won’t Let You Say That on Television(広告に問題を見つける:なぜあなたの弁護士はあなたにそれをテレビで言わせないのか)」、Intellectual Property & Technology Law Journal(知的財産と技術法ジャーナル)、2009年
  • INTAテーブルトピック、「What Trademark Attorneys Need to Know About Work for Hire Agreements
    (職務著作契約について商標弁護士が知っておくべきこと)」、2017年
  • AIPLA、春季会合、「Fashion&Fabric(ファッションとファブリック)」、2017年
  • AIPLA、春季会合、「Non-Monetary Relief for Trademark Infringement(商標権侵害に対する非金銭的救済)」、2017年
  • フォーダム知的財産会議、「US Copyright Developments(米国著作権の発展)」、2017年
  • ACCグレーター・ニューヨーク、エシックス・マラソン、「A Corporate Counsel’s Guide to Social Media and Legal Ethics(企業顧問のためのソーシャルメディアと法曹倫理ガイド)」、2017年
  • フォーダムIPLJシンポジウム、「Copyright v.Copy-left(著作権とコピーレフト)」、2016年
  • 「The Shape of the Future: 3D Printing and Intellectual Property Rights(未来の形:3D印刷と知的財産権)」、2015年
  • CLE、「The Ethical Use of Investigators(調査員の倫理的使用)」、2015年
  • IECA、年次会合、「Intellectual Property in Practice: Building and Protecting Your Brand
    (実践的知的財産:ブランドの構築と保護)」、2014年
  • CLE、「Social Media 101: What Every IP Lawyer Should Know(ソーシャルメディア101:すべての知的財産弁護士が知っておくべきこと)」、2012年
  • メリットに関する裁判を通して、商標異議申立を行っている飲料会社の代理人を担当
  • 「蓋付きカップ」のデザインとパッケージングに関するトレードドレス裁判で大量消費市場の小売業者の代理人を担当
  • 著作権使用料紛争において主要な自動車サプライヤーおよび製造業社の代理人を担当
  • 商標、トレードドレス、著作権侵害訴訟において玩具メーカーの代理人を担当
  • 商標権侵害訴訟で差止救済を認める判決に起因する侮辱罪に対する訴訟において巨大コンピューター企業の代理人を担当
  • 商標訴訟、契約違反および執行事項に関し、フランチャイズ企業の代理人を担当
  • 商標ポートフォリオおよびライセンス問題の清算、起訴、維持に関連して大規模な通信会社の代理人を担当
  • グローバル商標ポートフォリオの管理および執行事項に関連してエネルギー関連企業の代理人を担当