Karin Segall

パートナー

Karinは、Leason Ellisの商標および著作権業務部グループのパートナーであり、幅広い業界・規模のクライアントに高レベルのガイダンスを提供しています。 Karinは、商標局での長年の経験と訴訟関連の知見を活かし、米国や世界中のファッション、出版、教育、消費財、技術、金融関連企業などのブランドを成長させ、保護するための賢明な戦略を提供しています。 また、Karinは、識別可能なボトルデザイン、ハンドバッグ、靴の装飾品の商標保護の取得や、クライアントが激しい優先権争いで飛躍できるよう、廃業した企業から権利を取得したり、ドメイン名を回復するための未登録の使用権を追求したり、世界的な共存のための取決、複雑なライセンス、デュー・デリジェンス取引に関するカウンセリングも行ってきました。

Karinは日常業務を超え、商標法に関し、定期的にWorld Trademark Review(世界商標レビュー)に記事を投稿したり、ペース法科大学院の非常勤教授として、商標実務に関する自己設計のコースを教えています。Karinの学生達は一貫して彼女のクラスを「楽しい」と評価しています。 Karinは、実用的なアプローチとクライアントサービスへの献身により、商標実務業務において、World Trademark Review(世界商標レビュー)及び Who’s Who Legal:商標によって高い評価を得ています。 Karinは、INTAおよびニューヨーク州弁護士会委員会の委員を務め、欧州共同体商標協会「ECTA」の会員でもあります。 Karinは、ブルックリン法科大学院で 最優等生として法務博士号を取得し、ウィリアムズ大学で、優等生として文学士号を取得しています。

  • ウィリアムズ大学、文学士号、優等生、1989年
  • ブルックリン法科大学院、法務博士号、最優等生、1992年
  • ニューヨーク
  • コネチカット
  • ニューヨーク州南部地区連邦地方裁判所
  • ニューヨーク州東部地区連邦地方裁判所
  • 第2巡回控訴裁判所
  • 連邦巡回控訴裁判所
  • Kaye Scholer LLP、アソシエイト、1992年-1994年
  • Ladas&Parry LLP、アソシエイト、1994年-1997年
  • Darby & Darby PC、アソシエイト/パートナー、1997年-2008年
  • Foley&Lardner LLP、パートナー/弁護士、2008年-2010年
  • 国際商標協会
  • Women Presidents’ Organization
  • ウエストチェスター女性弁護士協会
  • 「Allowance & Issuance(手当と発行)」、Lexis Practice Advisor(レクシス実践アドバイザー)、2014年3月
  • 寄稿者、World Trademark Review Daily(世界商標レビューデイリー)(2004年-現在)
  • Re-Filing To Cure Invalidity Essential To Trademark Audits(商標監査に無効性要素を是正するための再出願)、Trademark World Review(商標ワールドレビュー)(2008年7月/8月)
  • Chapter on The United States – World Trademark Yearbook(米国に関する章、世界商標年鑑)、World Trademark Law Reports(世界商標法レポート)(2006年)
  • Madrid Protocol in the U.S. – Will Practice Make Perfect?(米国のマドリッド議定書。継続は力なりは本当か?)、IP Law 360(知的財産法360)(2006年4月13日)
  • Test Driving The Proposed Revisions to the Federal Dilution Statute(連邦希釈法への提案改正に関する試験運転)、Intellectual Property & Technology Law Journal(知的財産および技術法ジャーナル)(2006年2月)
  • H.R. 683: Trademark Dilution Revision Act of 2005(下院法案(H.R.)第683条:2005年の商標希釈化改訂法)、IPL Newsletter(知的財産法ニュースレター)(ABA 2005年春季)
  • Quality Control: A Survey of the Requirement in Trademark Licenses Under US Law(品質管理:米国法に基づく商標ライセンス要件の調査)、The Licensing Journal(ザ・ライセンス・ジャーナル)(2004年11月)
  • Uniform Dilution Standard is Likely(希釈化基準統一はなされる見込み)、National Law Journal(国家法ジャーナル)(2002年5月13日)
  • Preventing Grey Goods After Quality King(品質王後のグレー商品の防止)、Managing Intellectual Property(知的財産管理)(1998年10月)
  • ペース法科大学院、商標実務および手続き、非常勤教授(2011年-現在)
  • Selection and Protection of Trademarks and Packaging Design(商標およびパッケージデザインの選択と保護)、ニューヨーク州弁護士会、知的財産セクション(2010年6月17日)
  • マドリッド議定書および商標クリアランスなど、様々なINTAテーブルトピック・モデレーター。
  • Madrid Protocol: The First Six Months – Boom or Bust?(マドリッド議定書:最初の6か月、急発展か破綻か?)、ABA知的財産法会議(2004年4月)
  • Advanced Licensing Agreements(ライセンス契約応用)、Practicing Law Institute(2004年)
  • Phyljohn Distributors、Inc. d/b/a Gillette Creamery v. Tom Driscoll、申し立て番号:FA1110001412918(NAF 2011年12月30日)
  • Cake Divas v. Charmaine Jones, Opp. No. 9117301(TTAB 2011)
  • ICE Futures US, Inc.に関する85 USPQ2d 1664(TTAB 2008)