Cameron S. Reuber

Cameronは、紛争解決能力を持つ第一線の首席訴訟当事者です。 あらゆる種類の特許、商標、著作権、企業秘密関連紛争に関し、多国籍大手企業、中規模の国内企業、そして時折駆け出しのスタートアップ企業に助言を行っています。 Cameronは、医薬品、医療機器、特殊化学品、高級ブランド、繊維製品、電子機器、音楽、メディア、ソフトウェアに関し、多くの証拠開示前却下、略式判決、(裁判官および陪審)裁判、控訴を含む様々な民事訴訟を勝訴に導いてきました。 問題を抱え、予算を超過していたり、その他の理由で窮地に立たされている案件でも、戦略的で実質的、さらには費用対効果の高い訴訟戦略を用いて、紛争を救済することで知られています。 Cameronはまた、外部の訴訟弁護士に関する効果的な戦術的管理の達成と維持について、経営幹部や社内弁護士に対するカウンセリングを行います。

20年以上の実績を積んだ現在、Cameronの仲間は、彼の見事なストーリーテリング、簡潔な説明スタイル、民事訴訟手続きに関する不健全な命令を評価しています。 非常に功利主義的で因襲打破的な率直さと実用主義を持つCameronは、皆に愛されながらも、同じだけ疎まれてもいます。 型破りな解決策を提示するCameronは、クライアントと同僚に対して、法廷でもチェス中でも、誰よりも一歩先を見据えています。 Cameronは、ジョージメイソン大学法科大学院で法務博士号を取得し、バージニア・ウェスリアンカレッジで文学士号を取得しています。

  • ジョージメイソン大学法科大学院、法務博士号、2001年
  • バージニア工科大学、電気工学学士号、1997年
  • ウェスレヤン大学、文学士号、1997年
  • ニューヨーク
  • コロンビア特別区
  • バージニア
  • ニューヨーク州南部地区連邦地方裁判所
  • ニューヨーク州東部地区連邦地方裁判所
  • コロンビア特別区連邦地方裁判所
  • イリノイ州中央地区連邦地方裁判所
  • インディアナ州南部地区連邦地方裁判所
  • バージニア州東部地区連邦地方裁判所
  • 米国第2巡回控訴裁判所
  • 米国第1巡回区控訴裁判所
  • 米国第3巡回控訴裁判所
  • 米国第4巡回控訴裁判所
  • 米国第5巡回区控訴裁判所
  • 米国第6巡回控訴裁判所
  • 米国第9巡回控訴裁判所
  • 連邦巡回控訴裁判所
  • 合衆国最高裁判所
  • Ostrolenk Faber LLP、知的財産訴訟関連アソシエイト、2001年-2009年