Sarah Sue Landau

Sarah Sue Landauの業務は、商標法と著作権法が中心です。 Sarah Sueは、2020年にニューヨーク大学(NYU)法学部で法務博士号を取得しました。NYUでは、NYU Journal for Intellectual Property and Entertainment Law(知的財産とエンターテイメント法に関するニューヨーク大学ジャーナル)の編集部員を務めました。 2020年春版に掲載された彼女の記事「Of Mouse and Men:Will Mickey Mouse Live Forever?(ミッキーマウスは永遠に生きるのか?)」は、ミッキーマウスの歴史と有名なキャラクターの著作権の満了時期を分析することにより、著作権法と商標法の重要な交点を探りました。

法科大学院に在籍中、Sarah Sueはニューヨーク市長の最高技術責任者の下、Grubhub社、Cowan社、Debaets社でインターンを行い、様々な商標、著作権、広告、プライバシーの問題について調査を行いました。 また、ニューヨーク州最高裁判所のアイリーン・ラコワー裁判官の司法インターンも務めました。

  • ニューヨーク大学法学部、法務博士号、2020年
  • ブランダイス大学、文学士号(ビジネス)、文学士号(心理学)、最優等生、2014年
  • ニューヨーク(未許可)
  • ニューヨーク市長最高技術責任者室、法務エクスターン、2020年
  • Grubhub、法務インターン、2019年-2020年
  • Cowan、Debaets、Abrahams&Sheppard、LLP、インターン、2019年
  • 「Of Mouse and Men:Will Mickey Mouse Live Forever?(ミッキーマウスは永遠に生きるのか?)」、NYU Journal of Intellectual Property and Entertainment Law(知的財産とエンターテイメント法に関するニューヨーク大学ジャーナル)、2020年