Martin Schwimmer

Martin Schwimmerは、Leason Ellisの商標および著作権業務部グループのパートナーです。 30年以上にわたり知的財産法に関する実績を積んできました。 Martinは、スタートアップ企業からフォーチューン100社にリストアップされた企業まで、あらゆる規模のベンチャー企業に対してカウンセリングを行っています。 米国連邦地方裁判所および上訴裁判所、さらに商標審判部で訴訟を行っています。 また、グローバルな商標ポートフォリオを管理しており、ツバルやバヌアツを含む世界のほぼすべての商標管轄区域で問題についての説示を行ってきました。 Martinは、執筆、講演、委員会活動、ロビー活動、カウンセリング、訴訟を通じて、ドメイン名、ブログ、検索エンジン、eコマース、ソーシャルメディア、ブロックチェーンなど、商標法を変革してきた物事の最前線に立ってきました。

また、世界商標レビュー(WTR)や、世界知的財産レビュー(WIPR)、さらには「Best Lawyers in America」による最高の弁護士のリストに定期的に掲載され、商標と著作法を専門とする世界最古のブログ、「The Trademark Blog」やTwitterのマイクロブログ(@trademarkblog)の発行者としても著名です。 Martinは、商標関連出版物に掲載された多数の記事や、国際商標協会(INTA)、ニューヨーク知的財産法協会(NYIPLA)、および知的財産所有者協会(IPO)など、多数の法廷助言書を執筆しています。 パンデミックのため、Martinは15年連続で開催していたINTA毎年恒例の「Meet the Bloggers」イベントを今年は主催しません。 Martinは、ハーバード大学で文学士号を、フォーダム大学法学部で法務博士号を取得しています。

商標ブログを読む

  • フォーダム大学法学部、法務博士号、1988年
  • ハーバード大学、文学士号、政治学および政府、1982年
  • ニューヨーク
  • ニューヨーク州南部地区連邦地方裁判所
  • ニューヨーク州東部地区連邦地方裁判所
  • ニューヨーク州北部地区米国地方裁判所
  • ニューヨーク州西部地区連邦地方裁判所
  • 米国第3巡回控訴裁判所
  • 米国第4巡回控訴裁判所
  • 米国連邦巡回控訴裁判所
  • 合衆国最高裁判所
  • Moses&Singer LLP、パートナー、2008年-2011年
  • マーティン・シュイマー法律事務所、創設者、2001年-2008年
  • Fross Zelnick Lehrman&Zissu、パートナー、1990年-2000年