Henry A. Gabathuler

Henry Gabathulerは、Leason Ellisの特許および訴訟業務部グループのアソシエイトで、スタートアップ企業から大規模な技術関連企業のクライアントに至るまで、特許審査、知的財産ポートフォリオの開発とライセンス供与、さらに訴訟に関するカウンセリングを行っています。 Henryは登録弁理士で、米国や世界中で特許保護を確保するなど、豊富な経験があります。 また、地方裁判所と上訴裁判所の双方で、特許、商標、著作権、独占禁止法および一般的なビジネス訴訟の問題を、頻繁に主導的に担当しています。 Henryの特許審査と訴訟における経験は、コンピューター・ハードウェアおよびソフトウェア、家庭用電化製品、電気通信、産業システム、機械装置、医療機器、医薬品など、幅広い技術に関連しています。 さらに、特許性と侵害防止調査(FTO)関する判定、知的財産関連の商取引とライセンス契約、侵害と無効に関する判定、知的財産のデュー・デリジェンス調査を含む様々な問題について、定期的にクライアントに対するカウンセリングを行っています。

新興技術、革新的なアイデアの探求、スタートアップ・ビジネスチャンスに対する情熱から、弁理士として知的財産法を扱い、その情熱と起業家精神を持って、仕事とクライアントに向き合っています。 弁理士、エンジニア、訴訟当事者、成功を収めた起業家として、Henryは新規のアイデアやビジネスに起因して起こり得る様々な知的財産問題について、クライアントに独自の視点でカウンセリングを行っています。 Henryは、ラファイエット大学で電気およびコンピューター工学の理学士号を、ブルックリン法科大学院で法務博士号を取得しました。 法科大学院では、ニュージャージー州地区連邦地方裁判所のウィリアム・H・ウォールズの下でインターンを行いました。

  • ブルックリン法科大学院、法務博士号、2007年
  • ラファイエット大学、理学士号、電気およびコンピュータ工学、2003年
  • ニューヨーク
  • ニュージャージー
  • 登録弁理士:米国特許商標局
  • Meredith&Keyhani PLLC、弁護士、2009年-2011年
  • Morgan&Finnegan、アソシエイト、2006年-2009年
  • フランス語
  • ドイツ語
  • ドイツ語(スイス)