弊所の訴訟担当者は、日常的な取り締まりから市場シェアの獲得/維持、および社運を賭けた訴訟に至るまで、あらゆる種類の知的財産紛争を解決します。 私たちは、焦土作戦を避け、うまく計画および実行されるピンポイント攻撃を好む紛争解決の専門家です。 総当たり攻撃で結果を得ようとする、手間のかかる大企業の戦略には乗らずに、請求可能な業務時間数の要件よりもクライアントのビジネス目標の達成を優先します。

従来の紛争については、知識、経験、洞察を応用して、明白ではない問題を特定し、戦略的な利点/脆弱性を特定し、クライアントが早期段階に頻繁に勝つために戦術的、実用的、費用効果の高い戦略を考案します。 Leason Ellisは、新しく、かつ進化するテクノロジーや業界に頻繁に発生する独特または非標準的な論争に対して、クライアントが前例のない課題に対処するための、非伝統的で非正統的で、また多くの場合破壊的な方法を革新させることに成功しています。


裁判外紛争解決手続きおよび和解

訴訟があなたの権利を保護または防御するためのツールとなる一方で、和解は他の戦略的利点を提供します。 和解がクライアントの一番の利益となる場合、弊所は特許関連の紛争を有利に解決するためにあらゆる努力をします。 これらの和解努力の一環として、弊所には和解契約、譲渡証、およびロイヤリティライセンスの交渉と起草の経験もあります。 クライアントが儲けることのできるお金がある場合、私たちはそれを稼ぐことを目指します。

Leason Ellisは、司法仲裁調停サービス(JAMS)が提供するような私的調停や、ニューヨーク南部地区での調停やカリフォルニア北部地区での初期中立評価といった裁判所が組織したプログラムなど、さまざまな裁判外紛争解決手続きの場面でクライアントの代理を務めてきました。

弊所の訴訟弁護士の多くは調停研修を受けており、自ら調停人を務めたことがあります。


付与後の特許手続

USPTO(および世界中の特許庁)での付与後の手続きを戦術的に行うことで、多くの紛争を初期段階に効率的に解決するために必要な効力を活かすことができます。 Leason Ellisは、侵害者(特許権者-原告)に対して特許を行使しようとしている特許権者であろうと、特許を侵害していると非難されている当事者(被告)であろうと、クライアントと協力して、特許紛争に対処し、リスクを軽減するための最も効果的な戦略を特定します。 また、PGR、IPR、CBMのいずれであっても、これらの訴訟において特許所有者を弁護する準備ができています。


商標訴訟

弊所の訴訟担当者は、貴社が貴社のブランドであることを理解しています。 私たちはそれを理解しており、消費者が惑わされるのを防ぐための最も効果的かつ効率的な方法についてクライアントに助言する方法を知っています。 Leason Ellisは、多くの業界にまたがる案件に対応しており、商標、サービスマーク、トレードドレス、製品構成、商号、ドメイン名、さらには電話番号など、あらゆる種類の商標権に関与しています。 弊所は、USPTOとその商標審判部(TTAB)、連邦巡回控訴裁判所、地方裁判所、仲裁人、およびその他の裁判所に定期的に出廷します。

権利所有者の代表を務める場合、私たちは調査の実施を調整し、要求書を送付し、必要に応じて、差し止めによる救済と金銭的回収の両方を通じて、クライアントの商標権を行使するための訴訟を開始します。

推定上の権利所有者に対して弁護する際、私たちは申し立てられている他者の商標権を制限、狭小化、さらには無効化することについての知識が豊富で機知に富んでいます。



著作権訴訟

新しい技術の進歩であろうと、より伝統的な文学または芸術的表現であろうと、弊所はそれを保護する方法を把握して著作権訴訟に対応しています。 出版、写真、音楽、劇場、映画、テレビ、アパレル、ソフトウェア開発、ビデオゲーム開発、ウェブサイト開発、インターネットサービス、食品、おもちゃ、消費者向け製品、広告など、幅広い業界のクライアントにカウンセリングを行っています。

弊所のカウンセリングの対象者は著作権所有者とユーザーの両方に及び、著作権で保護されたコンテンツに浸透する複雑な問題に関して取り上げます。 私たちは、DMCAに準拠した要求書や削除通知など、それぞれのクライアントに効果的な取り締まりおよび施行プログラムを作成および実施し、推定著作権所有者による侵害の申し立てに対応します。 所有権、保護可能性、侵害、またはロイヤりティに関する紛争が発生した場合、私たちはそれらの問題の両サイドの当事者を代表します。 多くの場合、私たちは教育と交渉を通じて紛争を解決することができます。 ただし、和解が不可能な場合は、原告と被告の両方に代わって、米国著作権法およびデジタルミレニアム著作権法(DMCA)に基づく紛争を提起します。


虚偽広告訴訟

Leason Ellisの弁護士は、競合が虚偽の主張を作り上げていたり、不当に競争したりしている際に、事情をよく把握し、いつでもスタートを切れる状態にいます。時間が重要であることを私たちは知っています。 虚偽の陳述または欺瞞的な広告がクライアントのブランドおよび信用を脅かす場合、迅速な救済措置が必要です。私たちはそれに取り組んでいます。


営業秘密訴訟

多くの場合、企業は自分たちが有するものの価値を、それを失うまで知りません。 上級役員や中枢をなす従業員が不可避的に転職する場合のように、価値の喪失が意図的な場合もあります。 他にも、大切なビジネスパートナーが、所有権のある資産を活用するために与えられた権利の範囲をうっかり超えてしまう場合もあります。

営業秘密には多くの種類があり(方式、慣行、プロセス、製品設計、機器、図案、データ編集、顧客リスト、ソフトウェア、さらにはビジネス契約)、それらを悪用する方法は多くあります。 私たちは、そのような保護可能な資産を特定する方法だけでなく、それらの資産の固有の経済的価値を維持するためのプロトコルを開発する方法についてもクライアントに助言します。 予防措置が失敗した場合、弊所は営業秘密の所有者に代わって営業秘密の不正流用事件を効率的に訴訟し、営業秘密の不正流用で告発された企業を擁護することに長けています。


特許 著作権 訴訟 商標

最新の訴訟記事

2021年1月 25日

M&A取引および投資におけるIPデューデリジェンス

2020年10月 29日

ジェネリック医薬品

2020年10月 20日

議会は、商標近代化法により、米国の商標法に最も重要な変更を加える構え。

2020年10月 10日

第112条(f) 1を考慮した特許起草

2020年9月 30日

同様の事実、異なる判決:米国地方裁判所が一貫性のない結果に到達する理由

2020年6月 30日

合衆国最高裁判所:侵害者の利益を回復するために故意は要件とされない

2019年10月 21日

使用していない米商標の名声

2019年10月 16日

商標出願について:出願書類の準備

2018年12月 21日

弊所アイザックソン弁護士、アミカス・クリエ意見書を振り返る

「アミカス・クリエ意見書」は米国司法制度でとても重要 […]
2018年11月 28日

商標実務におけるハーモナイゼーション:海外商標について

2018年10月 5日

故意特許侵害と3倍賠償を避けるために弁護士鑑定を利用する際の秘匿特権放棄の範囲におけるパラダイム・シフト

この度、ミシガン州東部地区地方裁判所のロバート・H・ […]
2018年8月 27日

Praxair社と印刷物ドクトリン

最近米国連邦巡回控訴裁判所は、印刷物の法理を適用する […]