Leason Ellisは、あらゆるタイプのクリエイターと協力して、オリジナルの著作物を保護しています。 広告、建築、美術、ソフトウェア、エンターテインメント、ファッション、ジュエリー、写真、出版など、さまざまな分野のクライアントにアドバイスを提供しています。


契約とライセンス

弊所の弁護士は、所有権を固め、IP資産と権利を戦略的に管理するお手伝いをします。 私たちは職務著作契約および譲渡証を定期的に交渉し、草案を作成します。 また、キャラクターグッズライセンスや文学界のライセンスなど、単純なライセンスから複雑なライセンスまで取り扱っております。 Leason Ellisは、ソフトウェア開発やエンドユーザー契約、および公開契約や権利の返還に関する豊富な経験を持っています。


登録

登録を保護することは、著作権の行使に不可欠です。 登録は通常、米国の訴訟の前提条件であるだけでなく、迅速な登録をすることで、訴訟当事者は法定損害賠償と弁護士費用を得ることができます。 これは、紛争においてしばしば形勢を一変させるようなとてつもない影響力を与えるものとなります。 著作権登録は、オンラインでの削除や税関の差し押さえを能率化するためにも非常に価値があります。

弊所のチームには、さまざまな作品の著作権を登録した経験があり、クライアントが通常登録プログラムを確立するのを頻繁に支援しています。 Leason Ellisでは、申請を「通す」だけの問題ではないことを理解しています。 結果として得られる登録が精査に耐えられるように、著作権申請プロセスの微妙な違いについてクライアントに助言します。 私たちは、仮名での提出、ソフトウェアコードの登録、およびコストを削減するために米国著作権局が提供するグループ登録オプションを最大化する方法に関して詳細に把握しています。 また、上訴プロセスを指導した豊富な経験があり、記録を修正するために補足登録が必要な場合は、これを提出することに長けています。

弊所の弁護士はまた、海外、特に著作権が非常に貴重な中国での著作権登録についてクライアントに助言します。 また、クライアントが米国の税関国境警備局(CBP)に登録された権利を記録する支援を行います。


クリアランスと戦略的アドバイス

著作権に関して、弊所では表面をなでる程度では終わりません。 深く掘り下げます。 Leason Ellisの弁護士は、著作権法と戦略について数十年にわたりクライアントに助言してきました。 新しいテクノロジーベンチャーに対し、公正な分析を行います。 弊所は小売業者や製造業者と協力して提案された製品設計を明確にし、クライアントと協力して、ベストプラクティスとリスク軽減について社内のビジネスチームを教育する支援を行います。 弊所では、複雑な所有権の問題、著作権管理情報の主張、譲渡の終了、およびオーディオホームレコーディング法についてクライアントに助言した経験があります。

また、クライアントと協力して、米国著作権法およびデジタルミレニアム著作権法(DMCA)に準拠したノーティスアンドテイクダウンポリシーと手続きを作成および準備し、指定された代理人を著作権局に記録し、ユーザー生成コンテンツから生じた懸念からクライアントを保護するためのウェブサイトの利用規約を作成します。

特許 著作権 訴訟 商標

最新の著作権記事

2015年1月 26日

BWP Media USA, Inc. v. Gossip Cop Media, LLC et al., Civil Action No. 1:13-cv-07574 (KPF) (S.D.N.Y., Jan. 26, 2015)

2013年12月 10日

著作権法「雇用によって誕生したアート」

2013年4月 24日

COPYRIGHT LAW AND THE INTERNET

2013年4月 24日

STATUTORY DAMAGES

2013年4月 24日

COPYRIGHT LAW AND THE INTERNET