Leason Ellisには、知的財産法を愛する弁護士や専門家であるスタッフがいます。 可笑しいと思われますか? どうぞ、笑ってください。私たちはいつも笑っています。 知的財産法は、献身、経験、そして少しのユーモアに根ざした長年の実践を伴う芸術です。 弊所に興味がございますか? そうであれば、私たちのルーツ、私たちが生きる価値観について学び、私たちのチームに参加する機会をご覧ください。


私たちのルーツ

2008年、デビッド・リーソンとエドワード・J・エリスは、新しいタイプのIPブティックの設立を目指し、ニューヨーク市にある大規模で由緒ある知的財産会社であるDarby&Darbyを去りました。 彼ら同様、弊所の弁護士はほとんど全員、ニューヨーク州ホワイトプレーンズにある弊所に加わる前に、マンハッタンの大手弁護士事務所で弁護士をしていました。 ビッグアップルのすぐ北に位置しているため、営業費用を大幅に節約でき、その費用を他の事業分野で活用することができます。 大幅に低い請求レートを提供することに加えて、最新のテクノロジーに投資し、最新の業界の進歩に合わせてスタッフをトレーニングし、本当に一緒に仕事をしたい人を見つけたら、他のトップIP事務所からオールスターを雇うことができます。

ビジネスを構築するための弊所の独自のアプローチのおかげで、クライアントのニーズに対し更に敏感になり、コミュニケーションにより良く対応できるようになりました。 弊所の戦略的な組織規模は、弁護士とスタッフの間の合議制を促進し、私たちが育むチームワークから最も恩恵を享受するクライアントの利益となります。

今日、私たちはマンハッタン以外の州で最大のIP事務所のうちの1つであり、特許、商標、著作権サービスでニューヨークのトップ法律事務所にランクされています。 弊所の幅広いクライアントは、フォーチュン100の企業から中小企業、新興企業、発明家、起業家にまで及びます。 私たちは、米国および海外のクライアントの知的財産権を保護し、その結果、米国での権利を保護する上で多くのグローバル企業を直接代表しています。 また、外国の法律事務所に代わって、クライアントの特許、商標、著作権をここで開発および施行しています。


弊所のリンゴの木のロゴがどういった意味を持つのか不思議に思われているかもしれません。 私たちにとって、リンゴの木は弊所の活動の3つの柱の合流点を表しています。 落ちてくるリンゴは、アイザックニュートンの洞察を示しています。木からリンゴが落ちるのを見ながら重力の法則を考案するという彼の創意工夫の精神が、私たちの特許活動に影響を与えています。 ロゴの独自性は、弊所の商標サービスの一意の識別子として機能し、デザインの芸術的な独創性は、弊所の著作権に対する能力を物語っています。

Leason Ellisでは、私たちは洞察に感化されています。 弊所のチームに参加したい場合でも、私たちがIPのニーズに独自の考え方を適用する方法について詳しく知りたい場合でも、お問い合わせください。

弊所の価値

これらの価値は、私たちを専門的かつ個人的に定義するような指針となっています。

  1. 賢く、明確で、戦略的であること
  2. 自分らしく、善人であること
  3. 法的、経済的、道徳的な偉大さを追求すること