Leason Ellisの弁護士は、大口法人顧客向けの米国および海外商標ポートフォリオの管理、および新興企業向けのポートフォリオの構築を行います。 例えば、新しい商標表示を「クリア」にしたり、商標を使用および登録する際のリスクについて助言したり、米国および海外における新しい申請を提出したり、既存の登録を管理します。 また、弊所のチームはドメイン名に関する紛争を進め、ライセンス契約や譲渡証の草案を作成し、共存契約を交渉し、担保権を記録し、その他の商標に関する多くの課題を処理します。


クリアランス

弊所の商標クリアランスサービスは、「ノックアウト」コンピュータデータベース検索の実施から、完全検索に関する意見の提供にまで及び、マーチャンダイジング検索などを行います。 弊所では、申請を細かく調整したり、凍結中の登録のキャンセルや取得といった障害に取り組む方法をクリエイティブに提案します。


カウンセリング

クライアントが新しい商標を持ってLeason Ellisに訪れるとき、弊所では通常その用語またはデバイスが商標を表わすマークとして機能できるかどうか、および他者に対するマークの保護性について助言します。 結局のところ、保護できないマークに投資しても意味がないかもしれません。

また、登録することのメリットを、登録しないで使用することと比較して助言します。 さらに、複雑な所有構造、公正な使用、虚偽広告、製品パッケージのレビューなど、商標に関連するさまざまな問題についてクライアントに助言します。


税関登録

Leason Ellisは偽造品やグレーマーケット商品の米国への輸入を防ぐため、クライアントに代わって米国税関国境警備局(CBP)に商標登録を記録することができます。

また、クライアントやCBPと協力して、港湾輸入の専門家と会い、IPR製品トレーニングガイドを作成することで、税関職員が海賊版商品をより簡単に認識できるように支援します。


ドメイン名に関する紛争と削除

弊所はハイテクでインターネットに精通したIP企業であり、オンラインでクライアントの権利を保護することに長けています。 弊所は、クライアントがドメイン名を取得および登録し、統一紛争処理方針の下にドメイン名の仲裁を提出し、サイバースクワッティングに対し連邦裁判所に民事訴訟を起こす支援を行います。 このような努力の結果、Leason Ellisは、著作権を侵害している数多くのウェブサイトを削除し、多くのドメイン名をクライアントに正しく移管させてきました。


出願

公報を不必要に遅らせたり、特許商標庁からの通知の対応に余分な費用がかかる可能性のある異議を回避することを意識しながら、弊所では戦略的に米国申請を草案します。 国際的には、海外にいる経験豊富な同僚による信頼できるネットワークを通じて申請を行います。

可能な場合は、さまざまな条約を通じて外国の保護を申請します。 これにより、最も効果的な地理的範囲を提供しながら、費用効果の高い出願ソリューションをクライアントに提供します。



ライセンス

商標ライセンスには、共有権および共存契約、訴訟の和解契約、複雑な製品マーチャンダイジング契約など、さまざまな形態があります。 私たちはそれらすべてを冷静に自信を持って扱います。


メンテナンス

登録を維持するには、対象となる商品またはサービスのマークの使用証明を米国特許商標庁(USPTO)に定期的に提出する必要があります。 Leason Ellisは、最新の処理予定表システムでこのようなメンテナンス期限の処理予定を記録し、期限を事前にクライアントに通知します。 また、海外のメンテナンス期限を追跡し、クライアントと協力して登録を更新します。


モニタリングおよび監視サービス

商標の所有者は、自身の権利の保護に注意を払う必要があります。 弊所がお手伝いいたします。

Leason Ellisは監視活動の一環として、国内および/または国際的に、クライアント向けの商標監視サービスを手配することができます。 そうすることで、紛らわしい類似マークの通知をタイムリーに受け取り、登録に反対するかどうかをクライアントと話し合うことができます。 弊所にて監視通知を確認して重要な通知とそうでないものを峻別するため、クライアント側で行う必要はありません。


異議申し立ておよび取り消し

Leason Ellisは、商標審判部(TTAB)の前で、異議申立手続および取消訴訟を精力的に(そして定期的に)遂行することにより、クライアントの商標を行使します。 第三者が申請または請願に反対して登録をキャンセルした場合でも、Leason Ellisはクライアントの権利を守ります。

弊所の異議申し立ておよび取り消し業務は国内にとどまらず、国際的にも、信頼できる海外の同僚によるネットワークを用いて定期的に手続きを調整し、クライアントの案件をサポートするための証拠と議論を収集します。


特許 著作権 訴訟 商標

最新の商標記事

2020年10月 20日

議会は、商標近代化法により、米国の商標法に最も重要な変更を加える構え。

2020年6月 30日

合衆国最高裁判所:侵害者の利益を回復するために故意は要件とされない

2019年10月 21日

使用していない米商標の名声

2019年10月 16日

商標出願について:出願書類の準備

2018年11月 28日

商標実務におけるハーモナイゼーション:海外商標について

2016年4月 25日

商標:よくある誤解に関する考察

2015年6月 16日

The Gameologist Group, LLC v. New York Division of Lottery, Case # 46-1-2010-0808

2015年3月 20日

早急な登録と商標の価値低下

2015年3月 2日

商標詐欺:望まれる米国特許商標庁の対応

2015年2月 6日

Belmora LLC v. Bayer Consumer Care AG and Bayer Healthcare LLC, 1:14-cv-00847-GBL (EDVA Feb. 6, 2015).

2015年1月 28日

Triboro Quilt Manufacturing Corp. v. Luve LLC, Civil Action No. 7:10-cv-03604 (VB) (S.D.N.Y. 2015)

2013年12月 17日

Party City Corporation v. Tiimports Ltd., 2013-12-17 CIRA 245 (Dec. 17, 2013)